ブログ
フラメンコの歴史

フラメンコの歴史21

フラメンコが経済的、ショー的分野に、その新のアイデンティティ1を問うことも、熟考することもなく入っていく様は、ますます多く見られるように なった。それはフラメンコの地理的な定着と発展が、アンダルシアよりも外へ広がった事により、アイデンティティの象徴が、フラメンコを溶け込ませていく 様々なエージェントの基本的な考え 2 の1つを表さなくなったからである。

フラメンコの歴史20

「フラメンコのビジネスマン」について何度か言及したが、この議題について断言することは容易ではない。それはこの議題はこのやり手たちが受けるに値する ような、真剣で、深い研究が行われてこなかったからであり、また彼らが多くの場面で影の存在として活動してきたからである。フラメンコが通り過ぎた時代、 そして19世紀中頃から私達が表面的に描写してきた時代には、Andrés González, Silverio Franconetti, La Argentina, Luisillo, Vicente Escudero, Marius de Zayas, Campúa, Antonio Gades, Carlos Verdines, Alberto Monserratt, Carcellé, Antonio Soler, Borrau, Sol Urock, Pulpón, 蒲谷照雄, Miguel María, 小松原庸子, Cristina Hoyos..., その他、現在ディレクトリーに載っている著名製作会社と組んでいる人々全てが、その時代独自のビジネスエージェントとして存在した。

フラメンコの歴史19

ぺニャ・フラメンカはフラメンコが観衆と向き合う新しい方法を作り、Paradasのフラメンコ文 化週間や、Diego del Gastorの生誕100執念を祝ってMoronのぺニャが行ったフラメンコ週間、そしてManolo SanlucarにささげられたMarchenaのぺニャによる第5回文化週間など、フラメンコ文化週間の登場を促した。

フラメンコの歴史 18

政治的、フラメンコ的な変化の障害無しにフラメンコ界へ加わった一人の若い著者の考えは、前述されたこと、特にそのうちの1つを裏付けている。:「フ ラメンコ・フェスティバルの減少は、分析する価値のある一連の要因と良い意味で一致している。まず、アーティスト達はその場で何かを学ばなければならない というニーズを、もう全く感じていない。ほとんどの場合、彼らはただパフォーマンスをし、彼らのグループのメンバーが何を歌っているかにさえ関心を示さな いのだ。[...]どんなアーティストよりも、会場のバーカウンターの方が人気がある。[...]いくつかの特定のフラメンコのスタイルが繰り返され、大抵の場合、観客にとってはつまらない公演になってしまう。」 1  多くの人がしつこく言ってきた真実の核がそこにはある。しかし、現実は強情で、2006年にはFestival de Osunaが再スタートし、2007年には初めてMarinaledaでのフェスティバルが開催される。


1, Martín, Juan Diego: Jondo. Ediciones Barataria, バルセロナ, 2006

フラメンコの歴史 17

70年代はフラメンコ界の経済ビジネスの関係にとって、大切な分岐点を意味した。私達自身の見解で は、これがこの芸術の経済領域としての決定的な強化の時期だった。ぺニャ・フラメンカの誕生、特定の場所での毎日の公演の現代化、録音技術とそのプロセス の変化、そしてフラメンコという分野への初めての公的資金の投資という要素を、日本とアメリカ合衆国という2つの異なる海外市場への、継続的なツアーの開 始と結びつけなければならない。

フラメンコの歴史 16

70年代の中頃から、フラメンコ・フェスティバルが危機に陥っているとささやかれ始め、フラメンコ界の色々な人を通じて、その「悪い点」を多方面から分析 する。このうちのいくつかは間違っていない。1979年に初めて市役所の後押しを受けた後、フェスティバルは80年代に減少傾向になるのだから。 Angel Alvarez Caballeroは、フェスティバルの問題点について調査を行い、1984年のEL PAIS誌の中で、以下のように書いている:「全ての意見は、フェスティバルのコストの増加と危機の原因の1つは、長いプログラムを製作し、6~7時間も続いたフェスティバル自体の拡張にあることに同意している。」

Confecciones Molina, S.L. CIF B-41160995 · P.I. La Red Sur. Calle La Red Uno. 39 · 41500 Alcalá de Guadaíra (Sevilla)

電話 +34 955 630 833 · ファックス +34 955 630 213 | info@e-molina.com | ご利用規約







Este sitio web usa cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios y recoger información sobre su navegación. Si pulsa "aceptar" o continua navegando consideraremos que admite el uso e instalación en su equipo o dispositivo. Encontrará más información en nuestra Política de Cookies.