Blog
フラメンコの歴史

フラメンコの歴史21

フラメンコが経済的、ショー的分野に、その新のアイデンティティ1を問うことも、熟考することもなく入っていく様は、ますます多く見られるように なった。それはフラメンコの地理的な定着と発展が、アンダルシアよりも外へ広がった事により、アイデンティティの象徴が、フラメンコを溶け込ませていく 様々なエージェントの基本的な考え 2 の1つを表さなくなったからである。


1、モダンというのが、よく出来た物をさすのだったら、このセギリージャや、あのマラゲーニャはモダンと言える。モダンというのは、我々の時代に創られたもので、Diego el MarruroEnrique el Mellizoはモダンであり続けている。そしてIsrael Galvanの切れが特徴なダンス的創造性や、Canalesのダンス的創造性もモダンである。Clemente, Luis. Flamenco!!! De evolución.  Lapislázuli, 2002.

2、フラメンコは1つの総合芸術である[...] 単なる民俗音楽という考えを大きく超えている[...]今日も保ち続けられている。。。(純粋性と真正の避難場所)の「プライベート」の空間と、フラメンコの現代的な観衆の無知と恣意性、そして産業ニーズを・・・し続けるフラメンコの純粋性が多大なリスクを負う「公共」の空間(Cafes cantantes、闘牛場、大きなステージがあるタブラオ

1 de enero de 2014 · お客様のお買い物カート フラメンコの歴史

Confecciones Molina, S.L. CIF B-41160995 · P.I. La Red Sur. Calle La Red Uno. 39 · 41500 Alcalá de Guadaíra (Sevilla)

電話 +34 955 630 833 · ファックス +34 955 630 213 | info@e-molina.com | ご利用規約







Este sitio web usa cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios y recoger información sobre su navegación. Si pulsa "aceptar" o continua navegando consideraremos que admite el uso e instalación en su equipo o dispositivo. Encontrará más información en nuestra Política de Cookies.