Blog
フラメンコの歴史

フラメンコの歴史12

オペラフラメンカの周期が50年代に終わると、前述の観光客向けのサンブラと同時に、フラメンコ・フェスティバルが登場する。このフェスティバルは セビージャでは、1957年にEl Potaje de Utrera、1962年にMairena de Alcor、1963年にEl Gazpacho de Moron、そして1966年にLa Caracola de Lebrijaが始める。この記事の下部にフェスティバルの先駆者の一人、Antonio Mairena 1 と、70年代にフェスティバルのレギュラーだったEl Turronero 2 が、あるインタビューでこのフェスティバルについて語ったコメントを紹介する。

 1, 「僕はフェスティバルの誕生以来、できる限り振興し、援助してきた。なぜなら、タブラオではバイレに支配されて、カンテがかき消され、抑圧されていると気づいたからだ。[...] 僕の考えでは、フェスティバルではポジティヴな面を持っていると思う。フェスティバルのおかげで、聴くために歌う、歌うために演奏するという、タブラオではできないことができるようになり、アーティスト達は生きるための救いを見つけたのだから。」Garcia Ulecia, Alberto, op.cit

 2 Juan Toro, El Turronero へのインタビュー 1998 www.deflamenco.com

 それにしても、あなたの大ヒットの時代は70年代から80年代の前半にかけてでしたね。その時代、あなたの名前がポスターにないフェスティバルはなかった。

 確かに一般的レベルで見ると、あなたが言うとおりだ。でも、一人の個人レベルで見ると、僕はその成功を十分に味わう時 間がなかった。心に安らぎがなくて、いつも歌って、歌い続けていた。時々、みんなが僕は気が狂ったんじゃないかと思うのではないかと考えたりもした。フェ スティバルが終わって、車に乗っている時に、運転手に車を止めてくれといって、歌をチェックしたり改善したりしていたからね。しかも真夜中の田舎の屋外で だよ。僕はとても急いで、そしてとても虚偽的に生きていた。

 マヌエルがその時代に稼いでいた多額のお金は?どうして後に困難に陥った時に資産がなかったのですか?

 どこかで一度、簡単に稼いだお金は、簡単に去っていくと読んだことがある。そういうものなんだ。僕がPulponに、あるフェスティバルの際に8万ペセタを要求したら、彼は僕にそれは無理だ。そんな高額なギャラはMeirenaFosforitoで さえも稼いでいないと言った。僕は観客の前に立つのが怖かった。批評家たちが僕を酷評していて、僕はまだ若かったから、そのことが頭を離れず、自信喪失の 要因になった。だからマネージャーに8万ペセタを要求したいと言った。25~30年前のその当時、この金額は確かにかなりの額だった。70年代、僕は朝2 万ドゥロをポケットに持っていて、それをどんなに使っても、夜寝る時にはまた2万ドゥロ持っていた。こういうことの有難さにみんな気づかないんだ。自分は お金持ちで、それがいつまでも続くものだと思っているから。

1 de enero de 2014 · お客様のお買い物カート フラメンコの歴史

Confecciones Molina, S.L. CIF B-41160995 · P.I. La Red Sur. Calle La Red Uno. 39 · 41500 Alcalá de Guadaíra (Sevilla)

電話 +34 955 630 833 · ファックス +34 955 630 213 | info@e-molina.com | ご利用規約







Este sitio web usa cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios y recoger información sobre su navegación. Si pulsa "aceptar" o continua navegando consideraremos que admite el uso e instalación en su equipo o dispositivo. Encontrará más información en nuestra Política de Cookies.