Blog
フラメンコの歴史

導入

A Su Paso por Sevilla の文献によると、19世紀という荒れた時代に、セビージャは芸術の中心、首都であったというのは、例え多くの名高い人々がその事実を無視し、拒否し、非難したとしても、決して大げさな表現ではない。」 José Luís Ortiz Nuevo – 1996


私たちがフラメンコについての一般的な本を読む時、ある2つの要素が頻繁に登場するのは珍しいことではない:1つ目の要素は、フラメンコの誕生。そ してこの1番目の要素のようにコンスタントに出てくるわけではないがお決まりな、フラメンコに何を理解するのか、どこまで達するのか、そして「その他」と いうのが本当にその他なのか、それともフラメンコなのかという2つ目の要素である。

1番目の疑問に関しては、フラメンコとは何なのか、どう体系づけるのか、そしてフラメンコの経済的関係は何なのかについての一般的な理論を維持し、 2番目の疑問に関しては、「人々」が考えるフラメンコをオープンな姿勢で扱うが、これらは私たちが一番関心があることではない。

これらを文書化するにあたり、フラメンコという芸術の経済的な観点との関係を介して、フラメンコについて述べている様々なフラメンコアーティスト達の言葉を基にしていきたい。

19世紀前半に創られたアンダルシアの芸術のジャンルとして、フラメンコは、特定の伝統的、文化的表現と共に、モダンなアンダルシア社会のアイデンティティのためのニーズと一致する。

この伝統と革新、「純正」と「融合」の二重性は、フラメンコ音楽創造の文化評論的な条件を象徴している:これは知識人や政治家たちの、「血」と「土 地」というリソースを用いて、フラメンコをアンダルシアのアイデンティティの明白なサインと「JONDA(深さ)」にしようとする度重なる試みの理由を明 らかにするだけでなく、伝統に縛られたジャンルのバイタリティによって起こった明白な曖昧さ、そしてそれに対応するフラメンコファンの間での、フラメンコ がダイナミックで芸術的なアバンギャルドであるが故に、そして文化的価値として偶像化されるが故に発生する論争をも明らかにしている。1

フラメンコは農業的なルーツの起源で判断することができ、様々な著者のようにフラメンコの元となるものが存在する時期があったと考えれば尚更であ る。しかしフラメンコの発展、プロ化はフラメンコを都会的な芸術に変え、その進化や立証に特異な構造基盤や適応を見ることが出来る。Fernando Quiñónez は「現代のフラメンコのカンテの歌詞は基本的には18世紀に形作られ、18世紀以前に熟考されていたものである。」と論評していた。

フラメンコを含む最初のショーは、この時代の劇場で登場する。José Luís Ortiz Nuevo は¿Se sabe algo?2 の中でこれらのショーや、公演の内容について語っている。フラメンコは多様なショーと呼べるような類のものとして公演されたり、ボールルームで踊られたりしていた。Charles Davillierは彼の著書Viaje por España (1862)の中でこう語っている。「...それは、人々が時々アカデミーやダンススクールなどと称される施設で踊っている踊りである。このような施設の校長は、ホテルやゲストハウスに公演の広告をいつも送っている。」

Bibliography: La Economía Sevillana del Flamenco ( Jan. 2009 )

1 de enero de 2014 · お客様のお買い物カート フラメンコの歴史

Confecciones Molina, S.L. CIF B-41160995 · P.I. La Red Sur. Calle La Red Uno. 39 · 41500 Alcalá de Guadaíra (Sevilla)

電話 +34 955 630 833 · ファックス +34 955 630 213 | info@e-molina.com | ご利用規約







Este sitio web usa cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios y recoger información sobre su navegación. Si pulsa "aceptar" o continua navegando consideraremos que admite el uso e instalación en su equipo o dispositivo. Encontrará más información en nuestra Política de Cookies.